生え際の薄毛には育毛剤が効果的

生え際の薄毛は治りにくい

薄毛にはさまざまなパターンがあり、頭頂部から禿げあがっていくケースもあれば、側頭部から禿げあがっていくケースもあり、生え際から禿げあがっていくケースもあります。生え際の薄毛は男性型脱毛症の一種であり、非常に治りにくいのが特徴です。

生え際の薄毛が治りにくいのはいくつか理由があります。第一の要因として挙げられるのが悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの存在です。ジヒドロテストステロンは善玉男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつくことによって発生します。生え際は特に5αリダクターゼが多いため、ジヒドロテストステロンの生成が活発で抜け毛になりやすいのです。

薄毛はさまざまな原因によって引き起こされます。不規則な生活習慣で薄毛になっているとすれば生活の見直しを行えば髪は生えてくるでしょうし、過度なストレスで薄毛になっているとすればストレスの元になっている問題を解決すれば髪は生えてくるでしょう。しかし、男性ホルモンの働きは生まれついての体質によって決まってくるところが大きいため、努力ではどうにもならないことも少なくありません。これが生え際の薄毛が治りにくいとされる原因です。

生え際の薄毛には育毛剤が効果的

男性ホルモンの働きは食事や運動だけではコントロールすることが難しいため、生え際の薄毛に対しては直接的に男性ホルモンに働きかける育毛剤を使用することが効果的となります。育毛剤の内、ジヒドロテストステロンの発生を抑制する成分を配合した育毛剤を使用するといいでしょう。

生え際の薄毛に対する代表的な育毛剤がチャップアップです。チャップアップはジヒドロテストステロンの抑制成分を豊富に含んでおり、また、それらは全て副作用の危険性がないものとなっています。分子ナノ水を使用しているので浸透力が高く、保湿力や血行促進作用にも優れています。
出典:育毛剤おすすめ

20代の男性は育毛剤の使用を控えた方がいい場合も

近年では抜け毛を気にする男性が増えてきており、20代から生え際の薄毛を心配している人が多く見られます。しかし、20代の若い頃は男性ホルモンの働きは比較的安定しており、20代男性で男性型脱毛症と診断されるのはわずか6パーセントというデータもあります。薄毛の原因はジヒドロテストステロンの過剰発生ではない可能性が高いので、生え際が後退してきたからといって安易に育毛剤を使用するのは止めた方がいいでしょう。

生え際の薄毛は遺伝によるものなのか

生え際の後退は遺伝による影響が大きい

顔つきや体つきなど、子供はさまざまなものを遺伝によって親から受け継ぎます。そして、薄毛についても親から遺伝するという見方が一般的です。家系図を辿ってみたら親族が薄毛だらけで絶望したという人もいます。

遺伝による薄毛には5αリダクターゼという酵素が大きく関係しています。5αリダクターゼは善玉男性ホルモンであるテストステロンと結びつくと、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを発生させます。ジヒドロテストステロンが発生すると髪の成長が阻害されてしまい、抜け毛を引き起こすことになります。これが男性型脱毛症の典型的な原因です。

5αリダクターゼは前頭部の生え際にもっとも多く存在しています。男性型脱毛症において、生え際から少しずつ髪が後退していく人が多いのはそのためです。また、5αリダクターゼの量は遺伝によって受け継がれるとう性質を持っています。そのため、父母や祖父母のどちらかに生え際の後退が見られる場合、男性型脱毛症にかかる可能性が高いと言えるでしょう。

遺伝による薄毛は諦めるしかないものなのか

遺伝によって受け継いだ体質というものは努力で変えることはできません。しかし、薄毛というものは体質だけではなく、食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足、タバコやアルコールなどの過剰摂取など、さまざまな環境的要因による影響を大きく受けるものでもあります。

父母や祖父母に薄毛の生え際の後退が見られたことは、前向きに考えれば、自分が薄毛予備軍であることを前もって察知できたというメリットになります。男性型脱毛症で生え際の後退が起きてしまうと改善するのは難しく、また、症状の進行に従って回復難度は更に上がっていくことになります。そのため、自分は薄毛になるはずがないと高を括っている人たちと比べると、自分は薄毛になるかも知れないと危機感を抱いている人たちの方が薄毛の前兆が現れた時に即座に適切な対応を行うことができるため、薄毛対策においては一歩リードしていると言えます。

薄毛予備軍の人は日頃から規則正しい生活習慣を心がけておく

薄毛を引き起こす原因は遺伝だけではありませんが、遺伝も薄毛を引き起こす原因となります。薄毛予備軍の人は日頃から規則正しい生活習慣を心がけることで、男性型脱毛症の発症を可能な限り抑えることが可能です。イソフラボンなど、髪にいい影響を与える成分を含んだ食品も積極的に摂るようにしておくといいでしょう。

生え際が薄いと感じたら一刻も早く対策を行おう

生え際の薄毛には前兆がある

薄毛にはさまざまな種類があり、唐突に髪がごっそりと抜け落ちることもあれば、徐々に髪が薄くなっていくこともあります。後者の場合、少しずつ見た目が変化していくことになるので、すぐに気づくことはできません。しかし、薄毛には前兆があり、これに気をつけておくことで早期発見と早期治療が可能になります。洗髪時の抜け毛が増えた気がする、洗髪時に髪の泡立ちが悪くなった気がする、髪からハリとコシが失われてセットがしにくくなった気がする、といった場合は要注意です。

前頭部に薄毛の前兆が出ている場合は特に注意が必要

生え際の薄毛、いわゆる男性型脱毛症もまた生え際が少しずつ後退していくことによって進行していきます。男性型脱毛症の症状は大まかに分けると、頭頂部の髪が薄くなっていくタイプ、生え際の髪が薄くなっていくタイプの2種類に分けられますが、後者の方が治療は困難です。

男性型脱毛症にはジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンが大きく関わっています。ジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合して生成されますが、この5αリダクターゼは生え際にもっとも多く存在しています。そのため、生え際は男性型脱毛症になりやすく、治療も難しくなっているのです。

なお、5αリダクターゼの分布には個人差があります。男性型脱毛症になっておでこの両端が禿げ上がってくる人もいれば、おでこが全体的に禿げ上がってくる人もいるのはそのためです。また、生まれつき5αリダクターゼの量が少ない人の場合、ジヒドロテストステロンもあまり発生しないので薄毛になる心配はありません。

生え際の薄毛は5αリダクターゼの量が多く、ジヒドロテストステロンが発生しやすい人と考えられます。生まれついた体質は簡単に変えることはできません。生え際の薄毛に早期発見と早期治療が重要となるのはそのためです。

若い内から生え際が薄い人は薄毛予備軍

男性型脱毛症のほとんどは30代以降、男性ホルモンの働きが衰えてきた時期に発生します。しかし、10代や20代でも男性型脱毛症の症状に悩まされている人は少なくありません。若年期から生え際の後退が起きた場合、将来的な薄毛のリスクが極めて高いと考えられます。

男性型脱毛症の場合、一度発症すると自然治癒するということはほとんどありません。そして、薄毛が進行すればするほど治療は困難になります。生え際が薄い、または生え際が薄くなってきていると感じた人は、早め早めの対策を行うことが大切です。

生え際から太くて強い髪を発毛させるためには

生え際が後退してきても産毛は生えていることが多い

近年では薄毛に悩む人が増えてきており、特に生え際の後退を気にしている人は多いです。しかし、生え際が後退してきたとしても、まったく髪が生えてこなくなってきているというわけではありません。

人間の髪は何年にも渡って成長し続けるものです。しかし、体になんらかの異常が発生すると成長期が短くなってしまい、髪が十分に育たないまま抜け落ちてしまうことになります。これが生え際の後退の初期段階です。

気付かない人も多いですが、生え際の後退の初期段階ではまだ産毛が生えてきています。これが進行してしまうことにより、まったく髪が生えてこなくなってしまってツルツルのM字ハゲに至ることになります。しかし、生え際から太くて強い髪を発毛させることは簡単ではありません。

まずは生活習慣の見直しから始める

生え際が後退してきたことに危機感を覚え、真っ先に育毛剤、育毛シャンプー、育毛グッズに手を出す人は少なくありません。しかし、それよりも優先して行わなければならないのが生活習慣の見直しです。

太くて強い髪というのはいわゆる健康的な髪のことです。健康的な肉体というものは健康的な生活によって作られます。それは髪に対しても同じです。生え際が後退してきている人は、食事の栄養バランスが崩れていたり、運動の習慣がなかったり、睡眠が足りていなかったり、不健康な生活を送っていることが多い傾向にあります。これらは体の機能を衰えさせ、健全な発毛を妨げる原因となります。そのため、生え際が後退してきたと思ったらまず生活習慣を見直すことが大切です。その他、タバコやアルコールなども髪に対しては悪影響を与えます。

規則正しい生活習慣を心がけた上で育毛剤、育毛シャンプー、育毛グッズを使用すれば、その効果を最大限享受することが可能になるでしょう。

長期間継続できる計画を立てる

発毛法は自分に合ったものを選ぶことが大切です。それは髪に与える効果の他、長く続けることができるかどうかというポイントも含みます。発毛というものは一朝一夕で実現できるものではありません。特に生え際の髪を育てるのは時間がかかります。そのため、長期間に渡って頭皮と髪のケアを行っていくことが必要です。

発毛法は自分にとって無理のない範囲で計画を立てることが大切です。あまり高額の育毛剤などを使用すると経済的負担が大きくなってしまうので、その辺りも考慮しておく必要があります。

生え際が後退しやすい理由

男性ホルモンの衰えが生え際の薄毛を引き起こす

男らしい体の機能と発育を促す男性ホルモンにはテストステロンやアンドロゲン、女らしい体の機能と発育を促す女性ホルモンにはエストロゲンなどがあります。これらの性ホルモンの量は性差や個人差がありますが、一般的に男性ホルモンが多いと毛が太くなって量も多くなり、女性ホルモンが多いと毛が細くなって量も少なくなるとされています。

生え際の薄毛を引き起こす原因としてもっともよく知られているのが男性ホルモンによる影響です。テストステロンは発毛を促進させる働きを持っていますが、この働きが衰えると髪が生え難くなってしまいます。また、アンドロゲンは皮脂分泌や毛母細胞の活性化という役割を持っていますが、この働きが衰えると皮脂の分泌量が異常に少なくなったり多くなったりします。そうなると頭皮の乾燥や毛穴の詰まりを引き起こし、抜け毛の原因になります。そのため、男性ホルモンの働きが衰える30代以降から生え際が禿げ上がってくる人が多いのです。

また、テストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びつくとジヒドロテストステロンに変化します。ジヒドロテストステロンは悪玉男性ホルモンとも呼ばれており、人体に良い影響を与えることはほとんどありません。ジヒドロテストステロンは前立腺肥大症や前立腺機能障害を引き起こし、また、薄毛の原因にもなります。5αリダクターゼは特に生え際に大量に存在しているので、特にジヒドロテストステロンの影響を受けやすい部位です。

血行不良も生え際の薄毛の原因の一つ

身体の一番上に位置しているという関係上、頭部というものは血行が滞りがちです。頭部の内、生え際はもっとも血行が悪い部位とされています。

生え際の血行不良が生じると髪の毛を育てるために必要となる酸素や栄養素が不足してしまい、髪からハリやツヤが失われていきます。そして、その状態が続くと髪はどんどん弱ってしまい、薄毛を引き起こす原因となります。

薄毛の対策には薄毛の原因を突き止めることが大切

生え際が後退してくると、ついつい男性ホルモンの働きだと思い込みがちです。しかし、不規則や生活習慣や過度のストレスなどで生え際の薄毛が引き起こされることもあります。

生え際の薄毛の原因が間違っていた場合、薄毛の対策を施しても十分な育毛効果を得ることはできません。それどころか、育毛剤の使用などにより頭皮環境が悪化し、更に薄毛が進行してしまう可能性もあるので注意が必要です。

生え際(M字ハゲ)の原因と育毛方法をまとめました。

『ハゲ』と言う言葉・・・。口にするのが申し訳ないような、切ない気持ちになりますが、これは、人によって深刻な悩みでしょう。

私の身近にも、上記に該当する父がおりますが・・・。
彼は、外見を全くと言っていいほど気にせず、最近は孫にいじられながらニコニコと過ごしています。そんな方でも、参考になればと思います。

いわゆる『ハゲ』にも種類があるようで、
生え際・前頭部のM型ハゲ
生え際・前頭部のU型またはA型ハゲ
頭頂部・つむじのO型ハゲ
という風に、ハゲが始まる部分がそれぞれあります。

今回は1番のM型ハゲについて、簡単にまとめてみます。

Mハゲの主な原因は(ハゲの種類で原因があるのにも驚きますが・・・)、
男性ホルモンが関係しているAGA(男性型脱毛症)といわれているそうです。
額の中央を除いた両サイド部分に、5αリダクターゼという物質が多くあり、これが男性ホルモンの影響を受け、M型状にハゲが進行していくそうです。

また、生活習慣が原因となる場合もあるそうで、生活の中で受けるストレスや、ヘアケアなどもハゲを進行させてしまう要因となっています。
ヘアケアの部分を細かくいうと、リーゼントやオールバックなど、髪を後ろへ引っ張るような髪のセット方法では生え際に負担がかかります。
さらに、セットする際に使う整髪料の洗い残しや、洗顔したときの洗顔料の洗い残しなども、毛穴に負担をかけ、髪の毛が生えてこなくなる場合もあります。
このように、色々な要因があり、遺伝説もありますが、一概にそうとは言えないようですね。

では、その育毛方法はどのようなものがあるでしょう。
ひとつは、発毛剤。リアップなどが有名どころでしょうか。
これは、ミノキシジルという成分が使われています。
ミノキシジルとは、血管拡張剤として開発された成分だったのですが、発毛効果があることが判明し、発毛剤に使われるようになったそうです。

次にミノタブといわれる、ミノキシジルのタブレットタイプの育毛剤。
(そんなものもあるんですね。)

Mハゲは、男性ホルモンの影響を受ける事が多いのですが、ミノシジルは元々が血管拡張剤として開発されているため、頭皮の血行を良くし、結果、発毛を促進する事に繋がるんですね。

ただ、副作用もあるようで、頭皮に痒みを生じたり、成分によってアレルギー反応を起こす場合もあるので、使用する際は注意が必要です。

効果を感じるのにも時間はかかるので、あせらず、じっくり、試してみるのがよいでしょう。